スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
10月6日ホノルル空港〜チェックイン
JUGEMテーマ:ハワイ

入国審査は待ち時間もほとんどなく
あっというまに荷物を受け取り建物の外へ。

個人用出口を出たところで
ダーリンはタバコを吸える場所を探して離脱。


私は両親に
「お正月に芸能人が出てきてインタビューを受けるのがここだよ」
などといいながら殺風景な出入り口付近で
ハワイ初の写真撮影を決行。


その後、ダラーレンタカーの日本人専用のカウンターで手続きをして
無事車に乗り込みH1へ。


車に乗ってH1に乗ると、
ああ、帰ってきたな〜と勝手に郷愁にふけってしまいます。
おもったより暑さを感じないのは
今年の日本の猛暑を乗り切ったからでしょうか?


私たちはいつも
H1に乗ったものの早々に降りて下の道をアラモアナ沿いにホテルに向かいます。


途中、ワードウエアハウスの手前右側に
不気味な看板の建物を発見。

帰ってから調べたら、どうもハロウィン用の期間限定のお化け屋敷のようです。

JTBハワイのブログに詳細がでていました。

お化け屋敷
(JTBハワイから拝借した写真です)


日本でハロウィンと言うと
かぼちゃのお化けや可愛らしいものが多いですが
本場は本当に不気味です。

ウォルマートで仮装グッズを見ましたが
血のりとか、溶けだした眼球とか・・・ともかくグロテスク



そんなお化け屋敷を行き過ぎて、まずは
日本から申し込んであったレンタルの携帯を受け取りに
ワイキキトレードセンターのHOKU247へ向かいます。

モーハワイコムからのフォームで申し込むと
ハワイ内の発着信が0.65ドル/分という格安料金です。

携帯なんか使うかな?と思ったのですが
迷子になったらどうすんのぉぉぉ
というお母さんのたっての希望で2台レンタルをしました。



携帯をゲットしたあとは
簡単な買出しとチェックインまでの時間稼ぎ目的で
アラモアナSCのフードランドへ。


フードランド1


見てるだけでもテンションが上がる、デザートコーナーです。


フードランド2


デリは美味しそうな惣菜が色とりどりです。

ここではマルカイカードという会員カードを提示すると
更に割引になります。
サービスカウンターで手続きをしようとしましたが
キャッシャーに直接行けばいいと言われ
普通どおり会計をして、そこの係りの人にマルカイカードは?と聞くと
レシートのバーコードを指さされました。

これがカードの代わりなのかなあ??

結局わからずじまいですが
フードランドで買い物はそのあとすることはなかったので
解明できずに終わりました。
とほほ・・・



まだまだチェックインには時間がありますが
(なんたって16時ですよ!この時点でまだお昼頃です)
とりあえず、ホテルに行って荷物だけでも降ろそうということになり
ヒルトンハワイアンビレッジ内のグランドワイキキアンに向かいました。

ワイキキアン外観


今回2回目のグランドワイキキアンです。

道路挟んでお隣は
予約をいれたものの、キャンセルをしてしまったイリカイホテルが。

イリカイ外観


倒産したりして、色々大変なようですが
この姿はずっと残ってくれますように。


ワイキキアンのフロントにつくと、歓迎のレイをかけてもらいました。


フロント


チェックインの手続きをしてくれたのは
偶然にも去年と同じ女性の方です。
(この写真には写っていないのが残念)


前半の3泊と後半の3泊の予約を別々に入れたために
(詳細は以前のブログのこちらこちらで)
途中で一度チェックアウトをして部屋を換わることになるのは覚悟をしていましたが
・ゲストルームのベットは2ベットであること
・ダイアモンドヘッド側の部屋であること
の2つについてはこのチェックイン時にリクエストしました。


マスタールームはキングサイズのベットが1つと決まっているのですが
ゲストルーム(今回は両親が寝る部屋)は
キングベット1つかダブルベット2つの2つのパターンがあります。

慣れない旅先でこれまた慣れないベットに
2人一緒に寝る、というのはどうしても避けたいことです。

そして、金曜日のヒルトン恒例の花火を部屋から見るためには
アラモアナ側ではなくダイアモンドヘッド側というのも
譲れないところです。

このリクエストを聞いて
フロントの女性は時間をかけてパソコンで何やら操作をしています。
私はその様子を
余裕の笑みで見守りながらも心の中では
「2ベット、ダイアモンドヘッド側・・・・2ベット、ダイアモンドヘッド側・・・」と
念を送ります


その結果、なんと!
2ベットでダイアモンドヘッド側の部屋に6泊続けて泊まれることになったのです
部屋のリクエストが通っただけでなく
途中で部屋を換わるロスがなくなったなんて
本当によかったです。

お礼を言って手のひらにぎりぎり乗るくらいの
こんな大きなポケベル(?)を受け取ってラウンジへ向かいました。

ベル


このベル、部屋の準備ができたら鳴らされて
赤いランプが点滅する仕組みなんですが
オアフ島のどこにいても届くんですって。
すごいですね〜


カテゴリ:旅行記10/6 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10月6日出発〜ホノルル空港着陸
JUGEMテーマ:ハワイ
 
帰ってから4日たつのに実はまだ微妙に時差ぼけっぽくて
夜9時頃には無性に眠くなり、
頑張って11時すぎにねても
朝には5時台に目が覚めるような状態。

さっきまでブログに載せる写真を見たりしていたら
またちょっと、ハワイ時間に戻りそうになりました

いけない、いけない!

気を取り直して、旅行記をはじめます。


♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪ ♪♪♪♪♪


両親を14時頃実家に迎えに行き
仕事から戻ったダーリンと我が家で合流して
成田へ向けて出発です。

渋滞もなく1時間以上も予定より早く空港へ到着。

出国審査後、ダーリンは早速免税店でタバコを4カートンを購入。
日本国内なのに免税というだけでこんなにタバコが安いなんて・・・
すごい課税率なんですねえ。 

その後は、デルタ航空のラウンジへ。

今回の旅行は、デルタ航空でビジネスクラスを利用します。
マイレージを使って
当初は毎年行っている11月に入れようと思っていましたが
空席がなくて、ようやくとれたのが今回の日程でした。

皆さんのブログを拝見すると
マイレージを使う方って1年前からしっかり計画をしてらっしゃるんですよね。
それに比べたら
私たちが動き出したのがGWすぎですから
航空券の予約が取れただけでも良しとしなくてはいけません。
それに、ホテルが決まったのも出発2週間を切ってからでしたし


デルタのラウンジには出発をまつ人で
8割くらいは席が埋まっていました。
早めに到着してしまったうえに
出発が遅れると言われたので時間を持て余すな・・・と思いましたが
お母さんは車の中からおなかがすいた〜と言っていただけに
色々ぱくついています。
お父さんは早速お酒を飲んでいい気分。
私は写真を撮るのが忙しく
ダーリンはタバコを吸いに行ったりPC立ち上げたりと
4人思い思いにすごして、あっという間の搭乗時間です。

デルタ


席は2階席の左側を指定です。
行きも帰りも左側の座席だとオアフ島がしっかり見えるので
いつも左側を指定です。

機材はおなじみのノースウエスト機だったもので
スイッチ関係の扱いは慣れています。
後ろの席の両親に使い方をあれこれレクチャーし終わって前を見ると
操縦席のドアがあいて中が見えます。

恐いもの知らずの母がカメラをもって近づいて行きました。

実は以前、操縦席の写真を撮らせてもらったとか
キャプテンと一緒に写真を撮ったという方の話を聞いたことがあったので
今回も運が良ければ中の写真が撮れるかも?
と私も一緒にコックピットへ行きました。


そこにはパイロットの方3名の他に
整備の方でしょうか、日本人スタッフの方がいました。
ありがたいことに
その方が色々通訳をしてくれて、
なんと!
操縦席に座らせていただくことができたのです。


デルタ航空機の操縦席には交代で満面の笑みのお父さん、
遠慮がちのお母さん、
そんな様子を見て、ダッシュしてきたダーリン。

そのダーリンがあろうことか
自分は操縦席に座り
代わりに立たせることになったパイロットの一人に携帯を渡して
自分を撮影させるという暴挙に!
オー!マイガッッッッ!

笑顔で応対してくださった皆様、
ほんとうにありがとうございました。
このラッキーのおかげで、よい旅のスタートをきることができました。


機内食は今年から事前の和食リクエストができなくなりましたが
ダーリンは洋食、他の3人は無事和食をいただくことができました。


和食の前菜です。

機内食1



メインは鶏肉です。
美味しかった〜〜


機内食3




洋食の前菜です。

機内食2



メインの牛肉のステーキも柔らかくて美味!

機内食4



デザートはアイスクリームをチョイスで
チョコレートとナッツをかけていただきました。

デザート


コーヒーをお願いしたら
男性のフライトアテンダントが「これをいれたら美味しいよ」とリキュールをいれてくれました。


コーヒー



これってアイリッシュコーヒーっていうこ洒落た飲み物でしょうか?
え?違います?
いずれにしましても、美味しかったです。
酒好きの私には香りにもそそられました。

ところでこのフライトアテンダントは
ワインをお願いすると好きな方をリクエストして・・・といって
2種類のワインを飲ませてくれます。
その時、わかりやすく紙ナプキンにボールペンでワインの頭文字を書いて
それぞれの上にグラスを置いてついでくれたりしました。
お陰さまで、
より自分好みのワインをたくさんいただけて
幸せな気分であっという間にオアフ島上空まできてしまいました。


畿内から


これはノースショアのあたりでしょうか?


機内から2


おなじみ?
パールハーバーです。

飛行機はほとんど揺れることなく
無事にホノルル空港に着陸しました。


お父さんとお母さんもあっという間だったと言っていましたので
まずまずの空の旅だったのではないのでしょうか?


カテゴリ:旅行記10/6 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/1PAGES |